和の設えが素敵なザ・リッツ・カールトン日光の客室 日光旅行記③

ブログ村に参加しています(^^)♪

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ

日光旅行の1泊目に宿泊したザ・リッツ・カールトン日光の客室と温泉とアートツアーについて綴ります。

ザ・リッツ・カールトン日光の館内は日中も良いのですが、夜は大人の雰囲気が増してさらに素敵でした。

スポンサーリンク

客室

今回のお部屋は男体山ビューのお部屋。
ホテルの木々がよく茂っていたので男体山はあまり見えませんでしたが、冬は全体が見えるのかもしれませんね。

ツインベッドのお部屋です。
広々として、とても寝心地の良いベッドでした。

あまり使う機会はありませんでしたが、ベッドの横にソファーがありました。

お部屋では主にこちらのテーブルとソファーで過ごしました。
可動式の照明は読書するときに便利で、自宅にも欲しくなりました。

ソファー横の棚はお茶セットや冷蔵庫がありました。

棚の上の布に包まれた物は日本茶セットでした。

引き出しの中にはカトラリーとコーヒーカップがありました。

ザ・リッツ・カールトン日光さんはティーアイテムがとても充実していたので、ティータイムが好きな私にとって、とても有り難いホテルでした。

お茶はシンガポール創業の紅茶専門店TWGのイングリッシュブレックファスト、煎茶、アールグレーが用意されていました。

ネスプレッソのカプセルと別料金のお酒類とお菓子。

冷蔵庫の中も充実していました。

アフタヌーンティーから戻ると巨峰とアメリカンチェリーがセットされていました。

そして、ディナーから戻ると次はドライみかんがセットされていました。
甘みと酸味がギュッと凝縮されていて、とってもおいしかったです。

外にもくつろぎスペースがありました。

ソファーの向かいには石のお庭ありました。
こちらのお庭は浴室からも見える作りになっています。

こちらはバスルームに続く入り口です。

同じデザインの洗面台が2つありました。

こちらはバスルームです。
ザ・リッツ・カールトン日光さんには素敵な温泉浴場が別にあるのですが、お部屋のお風呂も広々としていました。
せっかくなので、お部屋のお風呂も1度だけ入ってみました。(お部屋のお風呂は温泉ではありません。)

バスソルトもたっぷりと用意して下さっており、おもてなしの心を感じました。

シャンプー・コンディショナー・ボディーソープはディプティック製。
固形石鹸・ボディクリームもディプティックでした。

おしゃれすぎるシャワー。

そして、おしゃれでない私はレインシャワーのお水を頭からかぶり、ずぶ濡れ。
入浴前だったのでいいんですけどね…
これから行かれる方はハンドシャワーとレインシャワーの切り替えをくれぐれもお気をつけ下さい。

ドライヤーはテスコム製でした。

こちらはウォークインクローゼット。
広くてとても使いやすかったです。
浴衣と温泉へ行く時に使う風呂敷バッグが用意されていました。

この浴衣が男性用も女性用も大きくてビックリ!
私は153cmしかないので仕方ないんですけどね。
紐を駆使して、なんとか見られる形に着付けてみました。
欧米の方の身長を基準にしているのかしら。

ヨガマットや殺虫剤もありました。

こちらはお部屋にはないのですが、お願いすると貸していただけるパジャマです。
ターンダウンの際にご用意いただけるよう、ディナーの前に「パジャマを2セットお願いします」とメモ用紙に書いて枕元に置いておきました。

こちらのサンダル?下駄?は温泉に行く時に使いました。
おしゃれですが、正直、あまり歩きやすくはありません。

こちらはオムニサンスの基礎化粧品セットです。
チェックインの際にリクエストしておきました。

温泉

スパ・温泉・フィットネスジムは客室とは別棟です。

温泉に続く通路が和モダンで素敵でした。

温泉浴場は撮影禁止なので写真はありませんが、内風呂・露天風呂・サウナ・水風呂がありました。
天井が高くて洗い場も広めで使いやすかったです。
滞在中、3回利用したのですが、タイミングが良かったのか、1人か2人くらいにしか会うことがありませんでした。

露天風呂が気持ちよかったので、ついつい長居してしまいました。
ただ、浴場内はかなり暗いので、老眼が進みつつある私にはシャンプー・コンディショナーの文字がかなり見にくかったです💦

くつろぎスペースにはお水が用意されていました。

こちらの席でお庭を眺めながらゆっくりとお水をいただきました。
こんなに素敵なスペースですが、私が利用した時はどなたもいらっしゃいませんでした。

今回は利用できませんでしたが、ジムエリアには立派なピカピカマシーンがずらりとありました。

ホテルアートツアー

ホテルのスタッフの方が館内のアートを解説して下さるツアーに参加しました。
2週間ほど前に電話で予約しました。
この日の参加者は私たち夫婦のみでした。

今回は残念ながら利用しなかったのですが、レイクハウスという素敵なレストランを見学出来たのが嬉しかったです。

2階から1階を見下ろして撮影。
どこを撮っても絵になります。

こちらは日本料理レストランにある素晴らしすぎる日光彫りの作品です。
日光の植物が彫られています。
とっても緻密で見応えのある作品でした。

陶器の作品もたくさん展示されていました。
個性的な作品も多く、美術作品についてほとんど知識のない私たちでも見ていて楽しかったです。

館内には男体山の作品がいくつかあるので、行かれる際にはぜひ探してみてください。
他にもたくさんの作品を解説していただき、滞在をより楽しむことができました。
宿泊の際、時間に余裕がある方は参加されると良いかと思います。

今日も最後までお付き合い下さりありがとうございました。
それではまた…

こちらの記事も読まれています

栃木
遊んで食べて時々旅して

コメント