雅灯 夏バテ気味でも箸が進むおいしい懐石料理に大満足!

2018年8月6日

ブログ村に参加しています(^^)♪

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ

おはようございます。Micandaです。
先日、懐石料理をいただいたので、今日はそのお話です。

雅灯(ガトウ)

雅灯は表参道駅B5出口から徒歩3分のところにある和食のお店です。
賑やかな街にあるお店ですが、階段を下りて店内に入ると落ち着いた和モダンの空間が広がっています。

テーブルが4卓ある個室に案内してもらいました。

写真だとかなり暗く写っていますが、実際はもう少し明るくて落ち着いた空間でした。

ドリンク

1杯目はスパークリングワインをいただきました。

ワインについて詳しいことは全く分かりませんが、爽やかなスパークリングワインは、軽やかな夏の先付や旬菜に合うなぁ~と思いました。

続いて、夫・ナリは尾鈴山蒸留所(宮崎県)の焼酎・山ねこをお湯割りで

私は黒木本店(宮崎県)の球”Q”をいただきました。

素敵なグラスに入れていただきました。
ワインみたいな見た目ですが、焼酎です。
球はアルコール度数が14度と焼酎としては低いので、私のようにお酒がそれほど強くない人間でもストレートで楽しむことができる焼酎です。
思っていたより優しい味わいで、とても気に入ってしまいました。
今度探して買いに行こうと思います。

ボトルもワインみたいでオシャレでしたよ。

うっすらと円が描かれているのが分かりますか?

懐石

さてさて、お楽しみのお食事です♪

先付

湯葉豆腐 このわた餡 生姜

なんとも爽やかな、夏に嬉しい先づけでした。

旬菜

鰻巻玉子
アジア風 沢蟹
無花果(いちじく)白酢掛け
アスパラ パンチェッタ乗せ
夏野菜スティック  特製味噌で
鹿児島黒毛和牛 手まり寿司

どれもおいしいのですが、特に、このかわいいカニさんが絶品でした。
チリソースが中までよく染みていて、甘辛なお味でした。

黒毛和牛の手まり寿司もかなり小ぶりながら、旨みたっぷりのおいしい和牛のお寿司でした。
この手まり寿司、10個ぐらい続けて食べても飽きなさそうです。

御椀替

茶豆 すり流し 京麩

香りの良い茶豆のすり流しの中に、もっちりとした生麩が隠れていました。
生麩を噛んだ時のもっちり感、好きなんですよね~

造り

季節の鮮魚 あしらい一式

ハモ、マグロ、サバのお造りです。
ハモは酢味噌、マグロとサバは醤油麹とワサビでいただきました。

ハモは味はもちろん、歯触りもよくて…
ハモは2切れあって幸せでした。(笑)

醤油麹とワサビをつけていただいたマグロとサバも最高においしかったです♡
また醤油麹をつけてお刺身を食べたいので、醤油麹を自作してみようかと密かに思っています。(いつになることやら…)

焼物

愛知県豊川市 鮎塩焼き 蓼卸し 山桃 はじかみ

板前さん自ら鮎をテーブルまで運んで下さいました。
「丸かじりするのが旨いです!」とのことだったので、遠慮なく丸かじりさせていただきました!
おっしゃったとおり、旨かったです!(笑)

鮎の尾っぽについていた化粧塩を頬っぺたにつけたまま帰りの電車に乗っていましたが…💦
おっちょこちょいというか、だらしないというか… 反省。

籠に入っていた山桃がとても甘かったです。

煮物替

沖縄山原豚 山原豚 葛内
れたす 糸瓜 紅茄子 モロッコ隠元(インゲン) 胡麻たれ

豚しゃぶなのですが、私が作る豚しゃぶとは全く違っていて(当り前)、とても柔らかい豚肉でした。
良い豚肉の脂は上品な甘さがあって本当においしいです♡

進肴

鹿児島牛 素焼ステーキ ~サーロインの芯部のみを贅沢に~
山葵醤油 サラダ

お酒が回ってきたのか、この辺から写真がボケてます。
見づらくて、ごめんなさい。

雅灯さんがこだわっている和食に合う牛肉のステーキです。
契約農場のお肉だそうです。

お店のウェブサイトにもあるのですが、
柔らかくて、旨みがしっかりと感じられるのに上品で、脂がしつこくないというのが特徴とのこと。
本当にそのとおりで、近頃、がっつり霜降り肉が苦手になりつつある私にとっては、まさに好みのお肉でした。
雅灯さんのウェブサイトの「ご年配の方のファンもたくさんいらっしゃいます」という言葉が身に染みる…。
そうか、私の胃はもうご年配なのね…。ご~ん。

そうそう、お肉につけていただいたワサビがとてもおいしかったです。
良いワサビ使ってるんだろうなぁ~。
それと、ワサビと共につけたお醤油もお肉の旨みをさらに増幅させていましたよ。

付け合わせの野菜はもちろん、ドレッシングも手を抜いていない感が伝わってきました。
お肉に添えられている丸い物はズッキーニです。
よい歯ごたえでした。
焼き加減が「さすがプロ!」だなぁ~と思いました。

食事

徳島の酢橘素麺 長野の辛味大根

 

だいぶお腹がいっぱいになってきて、ご飯だったらかなりキツかったのですが、素麺はご年配の胃を持つ女にはかなり嬉しかったです。
しかも、酢橘と辛味大根を麺つゆにいれていただくので、さらに爽やかで、ツルツルぺろりといただけました。
麺の茹で具合も絶妙で、感激しました。
私の作る素麺は茹ですぎだったと反省しつつ、おいしくいただきました。

甘味

マンゴープリン

〆の甘味はマンゴープリンでした。
サッパリとしていて、「和のマンゴープリン」といった感じでした。

それと、お品書きには載っていないのですが、コーヒーもいただきました。
今回私たちがいただいたお料理は朱華(ねはず)という8640円のコース料理です。

外食というと鉄板焼きやフレンチなどを選びがちな私たちですが、夏は和懐石が胃に優しくていいなぁ~と感じました。
雅灯さんの懐石はお肉もおいしいので、満足感ありますし。
なにより、とても丁寧に調理されており、目にも舌にも大満足のお料理でした。
夏だけでなく、他の季節にも訪れてみたいお店です。
ランチタイムにも行ってみたいです。

今回紹介したお店

雅灯(がとう)

TEL:03-3406-0990
住所:東京都渋谷区神宮前5-51-6 テラアシオス青山B1F
最寄駅:東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線

営業時間:昼11:30~15:00(入店13:30まで)、平日夜18:00~23:00(入店21:00まで)、土日祝夜17:30~22:30(入店20:30まで)
定休日:無休 年末年始・連休は要確認

今日も最後までお付き合いくださりありがとうございました。
それではまた…

こちらの記事もどうぞ