台湾ラーメンで頭の毛穴がぱっかーん!

名古屋

 

おはようございます! Micandaです。
突然ですが、頭の毛穴が開くのを体感したことってありますか?
私は先日台湾ラーメンを食べて自分史上、最高に頭の毛穴が開きました!(本当に開いてるのかは定かではありませんが…)
今日はその台湾ラーメンのお話です。

味仙の台湾ラーメンってご存知ですか?

そもそも台湾ラーメンってご存知でしょうか?
名古屋に本店のある味仙(みせん)というお店が生み出した激辛ラーメンです。
今では味仙をまねて台湾ラーメンを出しているお店が名古屋以外にもたくさんあるので、味仙の名前は知らなくても、台湾ラーメンは知っているという人が多いかもしれませんね。

かく言うMicandaも、名古屋出身者ながら台湾ラーメンを食べたことも、味仙に行ったこともありませんでした。
いつかは行ってみたいと思い続けてはいたのですが、名古屋にいる限りいつでも行けるという怠け者スピリット(何だそれ?)でずっと後回しにしてきました。

台湾ラーメンなのに台湾にはない

先ほども名古屋の味仙というお店が生み出したと書きましたが、台湾には「台湾ラーメン」という激辛ラーメンはないそうです。
味仙のウェブサイトによると、40年ほど前に当時の店主の郭明優さんが台仔(たんつー)麺という台湾のラーメンを激辛にアレンジして出したのが始まりだそうです。
初めはメニューにはなく、従業員のまかない料理だったのですが、常連客に「食べてみたい」と言われてメニューに加えたそうです。
なので台湾ラーメンは台湾の名物ではなく、味仙の生まれた名古屋の名物なのです。

そしてなぜ台湾ラーメンとしたかというと、店主の郭さんが台湾出身だったからだそうです。
軽い気持ちで命名したとのことで、生みの親の郭さんご本人が一番この大ヒットに驚かれたのではないでしょうか。

味仙ってこんなに人気があるの?

Micandaはこの夏の帰省で初めて味仙の台湾ラーメンを食べました。

名古屋駅の新幹線北改札口と南改札口の近くにある「名古屋うまいもん通り」の味仙に行きました。

お店に11:30くらいに到着したのですが、すでに20人くらいのお客さんが並んでいました。

名古屋人にとって味仙といえば特に珍しいお店ではなく、食べたことがなくてもほとんどの人が知っているお店です。
Micandaの子供の頃の映画上映前のCMといえば、味仙と手羽先の風来坊(ふうらいぼう)で、かなりインパクトのあるCMでした。
今でもやってるのかしら?
そんな感じで(どんな感じ?)、私と同年代の名古屋人は子供の頃から「味仙」という名を上映前のCMで刷り込まれました。(笑)

そんなおなじみの味仙が、12時前からあんなに行列ができる店とは知りませんでした。
名古屋駅にあるお店なので、他府県の方も多くて混みあっていたのかもしれませんね。

でもすごく回転がよくて、思っていたよりも早くお店に入れました。
20分弱くらいで入れました。

もちろん台湾ラーメン

待ち時間にメニュー表を見せてもらってはいたのですが、食べるのは台湾ラーメンと決めていました。
お客さんのほとんどが台湾ラーメンを食べていますが、味仙は台湾ラーメンの専門店ではないので他にもメニューはあります。
Micandaと夫・なりは餃子好きなので、餃子もオーダーしました。

まずは餃子を

味仙の餃子

これが味仙の餃子です。
オーソドックスな感じがいいです。
最近の餃子ブームで奇をてらった餃子が増えてきていますが、Micandaはこういう昔懐かしな感じの餃子のほうが好きです。
味も見た目も想像した通りの昔ながらの餃子です。
480円でした。

見たからに辛い!

味仙の卵入り台湾ラーメン

そして台湾ラーメンが運ばれてきました!
小さめのどんぶりにたっぷりラーメンが入っています。
ひき肉とニラもたっぷりです。
初めて食べる台湾ラーメンの辛さがどれほどか分からないので、念のため生卵入りにしました。
この写真ではわかりづらいですが、唐辛子がたくさん入っていて見たからに辛そうです。
でもおいしそうな香りがMicandaを誘います。

ドキドキしながら一口いただくと…

「ぐおーー、からぁーーーーーっ」
かあっーーっと体が熱くなり、頭の毛穴がぱっかーんと開き、汗がにじみ出ているのが分かります。

「最後まで食べられるかな?」と心配になったのですが、食べ進めるにつれて、ただ辛いだけでなくスープのうま味を感じられて最後まで食べられました。
口の周りがピリピリして辛いのに、なぜかスープを飲むのをやめられないという不思議な体験をしました。
ツラいんだか、美味いんだか途中で分からなくなってきます(笑)

Micandaはふだん、ラーメンのスープはレンゲ1、2杯くらいしか飲まないのですが、台湾ラーメンはレンゲ10杯以上は飲んだと思います。
挽肉がたっぷりなので、挽肉を食べつつスープも飲むという感じです。

台湾ラーメンは750円で、生卵入り台湾ラーメンは820円でした。

生卵は必要か?

Micandaは必要です!
辛い物はそこそこ食べられますが、「激辛」と言われるものはあまり得意ではないので、生卵のまろやかさで辛さを中和したいのです。

えっ?アメリカン!?

この味仙での体験を友人に話すと「アメリカンもあるよ」と言われました。

アメリカン??

スープを薄めて辛さを幾分和らげた台湾ラーメンなのだそうです。
アメリカンコーヒーの「アメリカン」からきているんですかね?
さすが喫茶店大国、愛知のお店。

メニューには載っていなかったと思うのですが、オーダーする時にお店の方に伝えればよいようです。
今度はこの「アメリカン」に挑戦しようと思ったMicandaでした。

注意!この行為はオススメしません!!

それはすすること
豪快にすすった男性はだいたいむせてました (-_-;)
「辛い物をすするのは危険」と分かっているとは思うのですが、いつもの習慣ですすってしまうのでしょうね…

今夏、東京に初上陸!!(東京と名古屋は陸続きじゃん)

Micandaが「この夏、味仙に挑戦するよ!」と夫・なりに宣言してしたのですが…

数日後、東京にも味仙本店のグループ店ができたとテレビで知ることになりました (~_~;)
ひっくり返るかと思いましたよ…
確か日本TVのZIPで紹介されていたかと思うのですが、うろ覚えです💦

2016年8月2日に東京神田にオープンしたそうです。

お取り寄せもできます

味仙の郭政良さん監修の「名古屋名物 味仙台湾ラーメン」が楽天市場でも買えます。
名古屋や東京に行かなくてもお家で食べられるって便利ですね。

楽天での「名古屋名物 味仙台湾ラーメン」の購入はこちら

今回紹介したお店

中国台湾料理 味仙 JR名古屋駅店

TEL:052-581-0330
住 所:愛知県 名古屋市 中村区 名駅1-1-4

最寄駅:JR名古屋駅、市営地下鉄名古屋駅、名古屋鉄道 名鉄名古屋駅、近畿日本鉄道 近鉄名古屋駅、あおなみ線名古屋駅

営業時間:11:00~2300(L.O. 22:00)
定休日:年中無休

*中部国際空港にもありますよ!

郭政良 味仙

TEL:03-6262-9833
住 所:東京都 千代田区 神田鍛冶町3-3-21 1F
最寄り駅:JR 神田駅、東京メトロ銀座線 神田駅

営業時間:11:00~15:30 (L.O.15:00) 、17:30~23:00 (L.O.22:30)
定休日:日、祝

 

今日も最後までお付き合いくださりありがとうございました。
それではまた…

名古屋名物, ラーメン

Posted by Micanda