名古屋名物 ひつまぶしを名古屋では有名なあつた蓬莱軒で食べました

名古屋

ブログ村に参加しています(^^)♪

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ

おはようございます! Micandaです。
9月に入り、昼間はまだまだ暑い日が続いていますが、朝夕は少し過ごしやすくなってきましたね。
でもMicandaはそろそろ夏の疲れが出てきそうです。
今日はそんな時に食べたくなるひつまぶしのお話です。

名古屋といえば…ひつまぶし!

「ひつまぶしって何?」と思われる方もいらっしゃいますよね。
これです!

あつた蓬莱軒のひつまぶし

名古屋名物ひつまぶし。この写真はあつた蓬莱軒のひつまぶしです。
うな重のウナギを細かく切ってあるものです。
税込で3,600円です。

食べ方

食べる人が好きなように食べればよいのですが、一応食べ方があります。

1膳目は何もかけずに、うなぎとごはんのみで食べる。
2膳目はのりと刻みネギとわさびと一緒に食べる。
3膳目はネギ、刻みのり、わさびを乗せた上にだし汁をかける。(お茶漬けのような感じ)
そして最後の4膳目は1~3膳目の食べ方のうち、好きな食べ方で食べて締めます。

Micandaは2膳目の食べ方が一番好きです。
刻みのりとねぎを乗せて、わさびを効かせてウナギを食べるのが好きなのです(^^)

それと以前は3膳目のお茶漬けはあまり好きではなかったので3、4膳目も2膳目の食べ方をしていました。
しかし今年の夏、たまにはだしをかけて食べてみようと思い、だしをかけてみました。
そうしたら「あっ、これいいかも!」と思い、4膳目もだしをかけて食べました。
年をとって、こってり系からさっぱり系を好むようになってきたので、だしをかけてサラサラっと食べるほうが好きになってきたのかもしれません。
これから3膳目はお茶漬けで食べるようになりそうです。

これもあります

あつた蓬莱軒のうまき(鰻を卵焼きで巻いたもの)のついた定食

こちらはうまき(鰻を卵焼きで巻いたもの)のついた定食です。
ひつまぶしは小さくなりますが、こちらのうまきも絶品です。
うまき定食は税込2,800円です。

隣の席の方は普通のひつまぶしを頼んで、鰻巻を単品で頼まれていました。
うまきは単品で税込950円です。

待ちは覚悟で!

Micandaはたいてい「あつた蓬莱軒」でひつまぶしを食べます。
とても人気のあるお店で、いつも地元民や観光客で溢れています。
「あつた蓬莱軒」は名古屋市熱田区の熱田神宮の近くに本店があるお店です。
ちなみに熱田神宮は三種の神器の1つである草薙剣(くさなぎのつるぎ)が祀られている神社です。

ただMicandaは本店ではなく、名古屋の繁華街である栄の「あつた蓬莱軒」で食べることが多いです。
松坂屋名古屋店の南館の10Fにあるので、いつも食べた後は松坂屋でお買い物をして帰ります。

ただ、いつも食べるまで1時間くらいは並びます。
前回は開店前に並んでいればすぐ入れるかも…と思い、開店時間11:00の30分前にお店にいったのですが既に結構な人が並んでました。
お盆時期だったからいつも以上に混んでいたのかもしれませんね。
1時間は並ぶと思って行って下さい。
でもデパートの中で快適な空間で待てますので、それほど苦痛ではないかと思います。
暇つぶしに本でも持って行ってくださいね。

うな重がお好きな方はこちらのお店もオススメですよ。小田原「松琴楼」のお話。

今回紹介したお店

あつた蓬莱軒(ほうらいけん)松坂屋名古屋店

TEL:052-264-3825
住 所:愛知県 名古屋市 中区 栄3-30-8 松坂屋名古屋店 南館10F
最寄駅:名古屋市営地下鉄名城線 矢場町駅 下車2分(地下直通)

営業時間:平日 昼11:00~14:30、夜16:30~20:30、土日祝11:00~20:30
定休日:不定休(松坂屋名古屋店に準ずる)

今日も最後までお付き合いくださりありがとうございました。
それではまた…