とってもおいしい昭和レトロなもつ鍋屋 博多屋台 九一

登戸・向ヶ丘遊園・新百合ヶ丘

 

おはようございます!Micandaです。
早いもので11月も中旬ですね。
温かい物が食べたくなるそんな季節です。
Micandaは少し前に博多屋台 九一(きゅういち)というお店にもつ鍋を食べに行きました。
今日はそのお話です。

昭和酒場の雰囲気

お店は新宿駅から小田急線で20分くらいの向ヶ丘遊園駅北口を出てすぐにあります。
メロンパン屋さんの近くにある階段を上って右手にあります。
女性だけだとちょっと入りづらい昭和居酒屋風の佇まいです。
店名は『博多屋台 九一』といい、3年前に生田緑地ばら苑に行った時に見つけて以来、年に何回か訪れるお店です。
夏にも結構行きます。(写真も夏に撮ったものです。)

なぜか同じ物をたのんでしまう

九一に行くといつも同じものばかりオーダーしてしまいます。

焼きぎょうざ

博多屋台 九一の焼き餃子

私たち夫婦は今風のお肉たっぷりの巨大ぎょうざよりも、オーソドックスなタイプのぎょうざが好きです。
皮と具のバランスがよく、皮がカリッとしていておいしいです。
もちろん中の具もおいしいですよ。

明太たまご焼き

焼き加減が絶妙で、美しい明太たまご焼きです。

博多屋台 九一の明太たまご焼き

この明太たまご焼きを食べると「やっぱりプロってすごいなぁ~」といつも思います。
たまご焼きを毎回同じ焼き加減で、おいしく作るってほんと至難の技ですよね。
私は毎朝お弁当の卵焼きを作りますが、形も焼き加減もまぁ~本当にバラバラです (;^ω^)

明太子は大量には入っていませんが、たまごがおいしいのでこれで良いです。

日本酒

私たちは九一では日本酒しか飲んだことがないですね。
なぜか九一に行くと日本酒が飲みたくなります。
日本酒が好きですが、全くお酒は強くないので最近は1合しか飲みません。
お酒が強い人は色々なお酒の飲み比べができてうらやましいです。
(強い人には「安上がりでいいね」とうらやましがられますが…)

特に決まった日本酒はなく、その時の気分で選んで飲みます。
私は飲んだことがありませんが、焼酎などもあります。

もつ鍋

そしてもちろん、もつ鍋も毎回たのみます!

博多屋台 九一のもつ鍋

キャベツとニラがドカーンと入ってます。
これをグツグツ煮ていくのですが、こんだけ鍋から出ていても食べるころには鍋に収まってしまうのがすごいですね。
お野菜がたっぷりと摂れるのがうれしいです。
モツは結構食べごたえのあるサイズで、12個くらい入っていたかと思います。
モツがプルップルでおいしいです♪
次の日、お肌の調子がいいような気がします (^^)

九一のもつ鍋はしょうゆ、みそ、辛みそ、カレーがあります。
私たちはみそ味が一番好きなので、みそをたのむことが多いです。
夏場はしょうゆをたのむこともありますが…
カレーは1度だけ食べたことがあります。
カレーもおいしいのですが、私たちはみそのほうが好みなので、ついついみそをたのんでしまいますね。

ちゃんぽん麺

締めはちゃんぽん麺とお雑炊とうどん(だったと思います)がありますが、いつもちゃんぽん麺をたのんでしまいます。
たまには違うものにしよかなと思ってお店に行くのですが、いざオーダーする時になるとやっぱりちゃんぽん麺をたのんでしまいます。
ちゃんぽん麺、おいしいです✨

あぁ~また行きたくなってしまいました。
いつも心もお腹も満たされます。
駅近なのもうれしいです(^^)

私たちは二人でだいたい6000円くらいだったかと思います。

今回紹介したお店

博多屋台 九一(きゅういち)遊園北口店

TEL:044-934-0760
住 所:神奈川県川崎市多摩区登戸2096-1 2F
最寄駅:小田急線 向ヶ丘遊園駅

営業時間:恐らく17:00~

 

今日も最後までお付き合いくださりありがとうございました。
それではまた…

Posted by Micanda