スポンサーリンク

島根県立美術館 作品からも風景からも水辺を満喫できる美術館でした 島根旅行⑳

ブログ村に参加しています(^^)♪

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ

おはようございます!Micandaです。

今日は島根県立美術館について少しだけ(写真がないので💦)綴ります。
足立美術館のある安来駅からJRに乗り、乃木駅で下車しました。
乃木駅からはタクシーで島根県立美術館に向かいました。
約5分くらいで着きました。

スポンサーリンク

絵画

この日は夕方から宍道湖の夕日を見たかったので、1時間で館内と屋外展示を鑑賞しました。
(私たちが訪れた日は企画展がやっていなかったので、常設展のみ鑑賞しました。)

作品と作者の紹介カードがあったので、気に入った作品のカードをいただきました。

カードを見てみると、海や川の絵が多いです。

  • アヴァルの門 クロード・モネ
  • 舟遊び アルフレッド・シスレー
  • ロッテルダム、蒸気 ポール・シニャック
  • ニースの窓辺 ラウル・デュフィ

場所も雰囲気も全く違う絵ですが、どれも水辺に青い空の絵画で「私って分かりやすいなぁ…」と思います(笑)
この中で特にポール・シニャックのロッテルダム・蒸気が好きです。
柔らかいブルーの点描画で、家に飾ってぼーっと1日眺めて過ごしたいです。(これ以上、ぼーっとしてたら生活が成り立たない…)

他にも平塚運一の雪のニコライという版画も気に入りました。
ニコライ堂のある街の雪景色の版画なのですが(そのまんま)、ニコライ堂の屋根の丸みからか、丸い電灯のぼんやりとした灯りからか、道行く人たちがペアーで話しながら歩いているように感じられるからか、雪景色なのに、なんとなく温かさを感じます。

彫刻

島根県立美術館は彫刻も多数展示されているのですが、屋外に展示されていたカバの親子とゴリラが心に残っています。

子カバがころんとして、とてもかわいかったですよ。
小さいお子さんと行かれる方は必見です(^^)
きっとお子さんのかわいい笑顔が見られると思いますよ。

それと、カバ親子とゴリラのいる場所からキレイな青空と宍道湖が見られました。

作品を観終わった頃には日の入り時間が近づいてきたので、夕日スポットへ移動しました。
次回は宍道湖からの夕日について綴ります。

今日も最後までお付き合いくださりありがとうございました。
それではまた…

島根旅行の記事の一覧は以下をご覧ください。

島根旅行 | 遊んで食べて時々旅して
「島根旅行」の記事一覧です。

こちらの記事もどうぞ



島根
スポンサーリンク
遊んで食べて時々旅して

コメント