銀座の広島 遠音近音(おちこち)は広島のおいしいがいっぱい!

銀座周辺

 

おはようございます!Micandaです。
今日は『東をどり』を鑑賞した後に行った広島料理のお店『遠音近音』について綴ります。

以前に綴った東をどりのお話→粋な初夏の風物詩 東をどりへ行って来ました

遠音近音(おちこち)

遠音近音は銀座にある広島県のアンテナショップ『Tau(たう)』と同じビルの地下1階にあります。
でも入口は別のところにあります。
ビルの右側にありました。

↑ここが入口です。
階段を下りた地下に遠音近音はあります。

遠音近音は以前にBSジャパンで放送された『ワカコ酒Season2』の第3夜に登場したお店です。
主役のワカコ扮する武田梨奈さんが生牡蛎やレモン鍋をお酒と共においしそうに召し上がっていました。
広島のこだわり食材を用いたお料理がとてもおいしそうだったのと、尾道や鞆の浦をイメージしたという店内が落ち着いた雰囲気で素敵だったので、「いつか行ってみたいなぁ~」と思っていました。
1年以上経ってようやく行けました。

焼酎

広島の焼酎がメニューに載っていたので、私も夫・ナリも焼酎にしました。

私は廿日市の麦焼酎 達磨(だるま)をいただきました。

夫・ナリは中原市の米焼酎 がんぼうをいただきました。

4月に行った鹿児島旅行で焼酎が好きになり、鹿児島では芋焼酎をいただいたので、今回は芋以外の焼酎をいただいてみました。
原料それぞれに個性があって楽しいですね。

お通し

お通しは南蛮漬けのようなお料理でした。
南蛮漬けはサッパリの中にコッテリも感じられて好物です。

カキフライ

さてさて、広島といえば牡蛎ですね!
訪問前から楽しみにしていた一品です。
私は生の貝はホタテしか食べられないのですが、カキフライやカキ鍋のように火の通った牡蛎は子供の頃から大好きです。

カキフライには何をかけますか?
私はレモン派です。
今回、タルタルソースが添えられていたのでタルタルソースでも食べてみたのですが、私はやっぱりレモンが好きです。
人それぞれ好みが違っていて、それもまた楽しいですよね(^^)

遠音近音のカキフライもサクッと、トロッと、とてもおいしかったです♪

実は夫・ナリは牡蛎が苦手で普段は食べないのですが、今回1個だけ挑戦してみました。
子供の頃に食べて以来でしたが、食べられました。
しかも、「おいしい」と言っていました。
子供の頃に苦手でも、大人になるとおいしく食べられるようになる物ってありますよね。
そう考えると、子供の頃に無理に克服しなくてもいいのかなぁ~と思ったりもします。
でも食べられない物があまりにも多いと、お母さんのお料理作りが大変そうですが…💦

本日の御造り3種盛り

瀬戸内海の新鮮なお刺身です。
これは外せません!!

鯛とイカと鰆(さわら)だったかな…?うろ覚えです。💦

お店の方のオススメはイカは酢味噌(左)、鯛はオリーブオイル+ハーブ塩+黒コショウ(中)、鰆は醤油とのこと。
私は鯛とオリーブオイルの組み合わせが一番おいしかったです。
イカはわさび醤油のほうが好みかな。
でも、どのお刺身もおいしかったです。

六穀豚の角煮

鹿児島旅行で以前にも増して豚肉好きになった私たちは「豚」という文字についつい反応してしまいます。

ふだんは太りそうだからあまり角煮は作らないようにしているのですが、メニューで見つけるとついつい頼んでしまいます。
ホロホロ、とろ~んとおいしい角煮でした。

六穀豚とはどんな豚なのか気になって調べてみました。
正式名は瀬戸内六穀豚といい、東洋ポーク株式会社という会社が生産されているそうです。
広島県産応援登録制度事務局さんのウェブサイトに瀬戸内六穀豚について分かりやすく説明されていたので、引用させていただきます。

セールスポイント

肉の旨み・豚の甘みを作り出す6種類の穀物(とうもろこし・マイロ・米・大麦・小麦・大豆)を中心とした飼料を与え育てました。母豚から一貫した生産を行うことで安定した供給および品質が実現できています。

 

商品の特徴

豚肉の甘み・香りが高いことが特長です。うま味・コクがあり、後味あっさりした、あきがこない、泣けるほどおいしい豚肉です。調理方法は、焼き、茹で、揚げのどれでもおいしくお召し上がりいただけます。

うま味とコクがあるのに、後味あっさりで飽きがこないなんてステキな豚さんですね✨
「泣けるほどおいしい」という言葉に六穀豚に対する広島県産応援登録制度事務局さんの愛を感じます。
角煮もとてもおいしかったですよ。

海鮮レモン鍋

広島はレモンも日本一の生産量で、海鮮レモン鍋は広島のレモン「瀬戸内ひろしまれもん」を仕上げに浮かべていただく鍋です。
1人前です。


ワクワクしながら出来上がるのを待ち…
出来上がりの写真を撮り忘れていることにも気づかず、食べ終えました💦
ごめんなさい (*_*;

白身魚、牡蛎、きのこ、葉物野菜、お豆腐が入っていたかと思います。
塩レモン鍋のような感じで、爽やかな鍋でした。

鱧(はも)しゃぶ鍋

鱧しゃぶ鍋も1人前でお願いしました。
↓こんな具を入れていただきます。

豆腐とキノコは鍋でグツグツ煮て、わかめと鱧はしゃぶしゃぶしていただきます。

ポン酢ともみじおろしでいただきました。
私はレモン鍋より鱧鍋のほうが好みでした。

薬味に煎った山椒を出して下さったのですが、香りがよくておいしかったです。
気に入ったので、後から頼んだ土鍋鯛めしにも振りかけていただきました。

土鍋鯛めし

〆は土鍋鯛めしにしました。

土鍋の写真がピンボケでした。
見づらくてごめんなさい💦

鯛めしはお店の方が身をほぐしながらよそってくださいました。
鯛のうま味と香りが良くて、とてもおいしかったです。

最後はおダシをかけて、匙でサラサラっといただきました。

おいしいお料理とお酒でお腹いっぱい、大満足でした。
ごちそうさまでした。

今回紹介したお店

瀬戸内ダイニング 銀座 遠音近音(おちこち)

TEL:03-5579-9812
住所:東京都中央区銀座1-6-10 銀座上一ビルディング地下1階
最寄駅:JR有楽町駅、東京メトロ有楽町線 銀座一丁目駅、東京メトロ丸の内線 銀座駅、東京メトロ日比谷線 銀座駅

営業時間:ランチ 11:30~15:00、ディナー 平日17:30~22:30 土・日・祝  17:30~22:00
定休日:年中無休

今日も最後までお付き合いくださりありがとうございました。
それではまた…

Posted by Micanda