縁結びパーフェクトチケットと手荷物配送は出雲旅行の強い味方 島根旅行②

島根

ブログ村に参加しています(^^)♪

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ

おはようございます!Micandaです。

前回は希望の航空券の予約に失敗し、途方にくれたお話をしましたが(希望の航空券が取れず途方にくれるの巻 島根旅行①)、今日は私たちが旅行中に移動した時に役立った交通チケット「縁結びパーフェクトチケット」と手荷物配送の「ニモツ御宿お届サービス」・「身がる便」について綴ります

縁結びパーフェクトチケット

縁結びパーフェクトチケットとは出雲や松江で3日間使えるバス・電車のフリーパスです。
大人3000円、小児1500円です。

「高くない?」と思われたかもしれませんが、空港連絡バスでも使えますし、多くの施設で入場料の割引がされるので、バスや電車で旅をされる方は元を取りやすいのではないかなと思います。
空港バスで出雲空港から出雲大社まで880円、出雲空港から松江まで1030円かかりますので…

残念ながらJRでは縁結びパーフェクトチケットは使えませんが、
一畑電車・一畑バス・松江市営バス全区間 、出雲一畑交通、松江一畑交通、日ノ丸ハイヤーの出雲・米子空港連絡バスで使うことができます。
私たちはJRやタクシーも使ってしまったので、110円しか得しませんでしたが、縁結びパーフェクトチケットをフルに利用できるように上手にプランを立てれば(一畑電車を使うなど)よりお得に旅ができます。

私たちは松江の周遊バス『ぐるっと松江レイクライン』と一畑バスでも使いました。
その都度、お金を出す手間が省けるのも嬉しいです。

松江駅、出雲市駅、空港連絡バス車内などで購入できるそうですが、私たちは出雲空港国内線到着ロビーにある案内カウンターで購入しました。

縁結びパーフェクトチケットについて詳しくはこちらをご覧ください。→さんいん旅ねっと

ニモツ御宿お届けサービスと身がる便

料金や預け場所は違いますが、サービス内容としては両方ともほぼ同じです。

ニモツ御宿お届けサービス

ニモツ御宿お届けサービスは出雲空港や一畑電車・出雲大社駅などから玉造温泉、松江しんじ湖温泉、湯の川温泉、松江市街・出雲市街のホテル旅館へ荷物を届けてくれるサービスです。
荷物のサイズは問わず、1個800円です。

私たちは出雲空港の国内線到着ロビーにある案内カウンターで荷物を預けました。
縁結びパーフェクトチケットを購入した場所と同じところです。
(なので、縁結びパーフェクトチケットの購入と荷物を預ける手続きを一緒に済ませられ、とても楽ちんでした。)

全ての宿泊施設が対象というわけではありませんが、かなり多くの宿泊施設が対象なので、便利なサービスです。
空いているロッカーを探したり、観光の後にロッカーまで荷物を取りに戻ったりする手間も省けるので、気楽に観光できました。
私たちが宿泊した旅館では荷物をお部屋まで運んで下さっていたので、お部屋までの移動も楽ちんでした。
お宿の方、ありがとうございました✨

ニモツ御宿お届けサービスについて詳しくはこちらをご覧ください。→一畑トラベルサービスのウェブサイト

身がる便

身がる便も同じく、宿泊施設まで荷物を届けてくれるサービスです。
身がる便は松江駅荷物一時預かり所で荷物を預かってもらいます。

松江駅荷物一時預かり所は南口を出て、西に行ったところにあります。
2~3分だったかと思うのですが、少し歩きます。
「あれ?ないなぁ…」と少し心配になった頃に着いた感じでした。
駅の建物に沿って歩いてもらえればたどり着きますが、地味な入口なので見落とさないように気をつけて下さい。
身がる便は500円でした。

お盆や年末年始など、サービス除外日がありますので、くれぐれもご注意を!

身がる便について詳しくはこちらをご覧ください。→(一社)松江観光協会ウェブサイト

旅行前に心配だったこと

出雲空港に8:50着の飛行機だったのですが、9:00に出雲大社行きの空港連絡バスが出発するスケジュールになっていました。
「もしも案内カウンターが混み合っていて、バスの時間に間に合わなかったらどうしよう…」と心配していたのですが、私たちは機内持ち込み荷物しかなかったこともあり、並ぶことなく縁結びパーフェクトチケットの購入と荷物の手続きを済ませ、無事バスに間に合いました。

というか、空港連絡バスはどうやら1台ではない様子。
私たちが出発するころに、2号車がやって来るようなことを小耳に挟みました。
なので、縁結びパーフェクトチケットの購入と荷物を預ける時間はそれほど焦らなくてもよさそうです。
確かな情報ではありませんが…
1号車(私たちが乗ったバス)に乗れなかった人たちも特に焦っている感じもありませんでしたしね。
元々、飛行機の到着時間によって空港連絡バスの出発も調節するそうなので、その時々で臨機応変に運行しているのではないかと思います。

ちなみに、出雲大社行きの空港連絡バスは国内線到着ロビーを出て、(空港を背にして)左手にあります。

 

次回は出雲名物の出雲そばについて綴ります。
今日も最後までお付き合いくださりありがとうございました。
それではまた…

Posted by Micanda