GINZA SIXで大人気のISHIYA GINZA Saquを買いに行きました!実食編

お土産

 

おはようございます!Micandaです。

今週は夏が戻ってきて暑い日が続いていますね。
暑さにすっかり弱くなった私は秋が待ち遠しいです。

それはさておき、今日は石屋製菓さんのSaqu(サク)をいただいた感想を綴ります。

Saqu(サク)

先日、SaquをGINZA SIXに買いに行ったお話を綴りました。
Saquの紹介はこちらをご覧ください。→ GINZA SIXで大人気のISHIYA GINZA Saquを買いに行きました! 購入編

Saquは北海道名菓「白い恋人」のアレンジバージョンです。

自宅用に購入した分を帰省の新幹線の中でいただきました。
Saquはハイミルク、ビター、北海道チーズ、抹茶ミルク、北海道ワイン、ジャンドゥーヤの6種類あるのですが、食べる順番を考えるのも楽しかったです。

ハイミルク

ハイミルクはプレーンタイプのラングドシャでハイミルクチョコをサンドしたものです。
6種類の中では1番味を想像しやすいかと思います。

チョコレートの味がなんとなく、ルマンドのチョコの味に似ているなぁ~と感じました。

北海道ワイン

6種類の中で1番感動したのが北海道ワインでした。

想像以上に赤ワインを感じられるんです。
袋を開けるとすぐに赤ワインのいい香りが広がって、食べればもちろん赤ワインの味がします。
石屋製菓さんのウェブサイトによると、ラングドシャはぶどう風味で、チョコレートが北海道ワインの味とのことです。
白い恋人に似たお菓子が色々なお店から出ていますが、ワイン味は今まで食べたことがなかったので、私の中で新鮮でしたし、思っていた以上に香りも味も良かったです。

抹茶ミルク

抹茶味のラングドシャは色々なところが商品にしていますね。
Saquの抹茶味はどうかといいますと…


普通かな。
抹茶の苦みがないので、小さなお子さんでも食べやすい味だと思います。
私個人の好みで言えば、ラングドシャの抹茶を濃くして、香りを強くしてもらえると嬉しいです。
苦みも少し加えてほしいところですが、白い恋人同様、老若男女楽しめるお菓子と考えると今のままでいいのかなぁ~と思ったりします。

私は京都のマールブランシュのお濃茶ラングドシャのほうが好みです。

北海道チーズ

北海道チーズも北海道ワインと同じく、袋を開けるとチーズの香りがしっかりします。
想像していたよりもしっかりとチーズの香りがしました。

↑北海道チーズは右側(黄色)です。

レモン風味のラングドシャで塩を効かせたチーズチョコレートをサンドしています。
塩味がとてもいい仕事をしていました。
他の味にも言えることですが、特にチーズは少し冷やしてから食べたほうが味が引き立つ気がします。
夏に常温の北海道チーズを食べると、冷やした時と比べ、味が少しぼやける気がします。

ビター

上の写真の左側がビターです。

苦みがあり、甘さ控えめです。
味に深みがあり、大人のスイーツと言った感じでしょうか。
丁寧に淹れたコーヒーと食べたい逸品です。
私はふだんあまりビター味を選ぶことはないのですが、Saquのビター味は「ミルクチョコもおいしいけれど、ほろ苦いビターもいいなぁ~」と思わせてくれました。

ジャンドゥーヤ

私が1番気に入ったのがジャンドゥーヤです。
ラングドシャにもチョコレートにもトルコ産のヘーゼルナッツを使っているそうです。
もともとヘーゼルナッツ味のお菓子が好きということもあるのですが、香りといい、チョコレートの味と言い完璧✨

アソートではなく、個別で買うならば、私はジャンドゥーヤを買います。
とはいえ、他の味もとてもおいしかったので、次回買う時も恐らくアソートを買うと思いますが…
朝一でなくてもアソートを買えるようになったらまた買いに行こうと思います。

おまけ マーロー情報

マーローはGINZA SIXオープン時、行列を作っていた人気のプリン店です。
私たちが訪れた8月10日には、マーローは並ばずに買うことができましたよ。
オープンの時にあまりの行列で断念した方、もう楽に買えるようになったのでチャレンジしてみて下さい。(平日の話ですが…土日祝は不明です。)

私たちはプレーンタイプのプリンと北海道プリン(正確な名前を忘れました💦)を購入しました。


機会があればマーローのプリンについても綴りたいです。

今日も最後までお付き合いくださりありがとうございました。
それではまた…

Posted by Micanda