ジェットウイング ライトハウス ジェフリーバワの愛したホテル 客室編 スリランカ旅行㉔

ブログ村に参加しています(^^)♪

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ

おはようございます!Micandaです。

今日はスリランカ旅行5日目、6日目に宿泊したジェットウイング ライトハウスのお部屋について綴ります。
ジェットウイング ライトハウスは2日目、3日目に宿泊したヘリンタスカンダラマと同じく、建築家のジェフリーバワさんが設計したホテルです。

ホテルに到着してエントランスを入るとエントランスがあり、その奥に螺旋階段があります。

スリランカの歴史を題材にしたダイナミックな作品がありました。

ポルトガル兵に攻め入られ、キャンディ王朝がポルトガルによって支配されていった様子を作品にしたそうです。
ジェフリーバワさんお気に入りの作家 ラキ・セナナヤケさんの作品です。

迫力満点の作品を鑑賞しながら階段を上って行くと、ジェットウイング・ライトハウスの顔(?)であるテーブルセットが遠くに見えました。

 

本で見ていたテーブルセット✨
見て、座って、幸せでした。
常に誰か座ってるんだろうな…と思っていたのですが、席数もそこそこあったので、座れる機会は結構ありました。

海を見ながらウエルカムドリンクをいただきました。

ドリンクをいただいた後はさっそくお部屋へ…

↑この通路を通っていきました。

お部屋に案内してくれた女性のサリーが風に揺れて、美しかったです。
お部屋でも写真を撮らせてもらったのですが、とてもサリーが似合っていて、美しい方でした。
またしても恋に落ちるところでした。

サリーの美しい後ろ姿と建築の素晴らしさに見とれているうちに、あっという間にお部屋に到着!
扉の色がかわいかったです。

高さのあるベッド、ベアフッドのクッション、窓の扉が良い雰囲気でした。

茶色の扉の奥はバスルームです。

左奥はシャワーブースです。
残念ながらレインシャワーのみでした。

お風呂にはバスソルトがありました。(黒いツボ)

シャワーキャップなどのアメニティです。
歯ブラシはなかったので、宿泊予定の方は日本から持って行ってください。
石鹸はハンドメードのものでシナモン&ライムと書いてありました。
とても良い香りがしたのですが、シナモンとライムの香りは感じられませんでした。

それと持ち帰りはできませんが、ブルーのボトルに入ったボディソープ、シャンプー、リンス、ボディクリームもありました。

紅茶と緑茶とハーブティのティーバッグがありました。
ジェットウイングオリジナルのものでした。

コーヒーもありました。

↑お水は素敵なビン入りです。(ビンは持ち帰れませんので注意です。)

冷蔵庫の中には有料のビールやジュースなどが入っていました。

こちらも有料ですが、ワインです。

アイロンセットもあるので、素敵なドレスにシワがよっても安心です。
傘もありますね。

バスローブ、ビーチサンダル、セーフティボックスがありました。
ビーチサンダルはプールに行く時やお部屋で寛ぐ時に履きました。

テレビは壁と一体になっていました。

窓からは海が見えました。
ベッドが高いので、ベッドに座っていても海が見られたのが嬉しかったです。
海が見えるお家、憧れます✨

窓の横にはバルコニーへ行く扉があります。

こちらはバルコニーのテーブルセットです。
滞在中はよく椅子に座って海を眺めていました。
(写真には写っていませんが、デイベッドもありました。)

お部屋のバルコニーから夕日がとても美しく見えました。

 

今日も最後までお付き合いくださりありがとうございました。
それではまた…

こちらの記事もどうぞ