トーセイホテル ココネ浅草  快適・清潔・おトクなおすすめホテル

ブログ村に参加しています(^^)♪

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ

おはようございます!
浅草のおでん屋さんに行くに当たって、飲酒後、自宅まで電車で帰ってくるのが面倒くさいと思い、トーセイホテルココネ浅草を予約してみました。
私達夫婦が宿泊した3月上旬の土曜日の宿泊代は5,034円だったのですが、とても清潔で快適に過ごすことができました。
2021年7月1日に開業した、まだ新しいホテルだそうです。
「また浅草におでんを食べに行ったり、浅草観光の際にはぜひ利用したい!」と思えるホテルでしたので綴ります。

スポンサーリンク

トーセイホテル  特典など

トーセイホテルココネは現在、私達か宿泊した浅草以外に、上野・神田・上野御徒町・浅草蔵前・鎌倉にもあります。
また、幕張には個人宿泊者だけでなく、企業研修や合宿にも利用できるトーセイホテル&セミナー幕張という施設もあります。

オトクな公式サイト予約特典(電話予約もOK)もなかなか魅力的ですよ。

  • 特典1  1時間のアーリーチェックイン( 通常15:00のところ、14:00からチェックイン可。)
  • 特典2  1時間のレイトチェックアウト(通常10:00のところ、11:00からチェックアウト可。)
  • 特典3  2回目に公式サイトから予約し利用すると 、500円クオカード、または朝食無料券、またはランチ無料券をプレゼント。
  • 特典4  1泊で1ポイント貯まるココネルポイントを累計5ポイント(5泊分)貯めると、1000円のキャッシュバックまたは朝食無料券、またはランチ無料券をプレゼント。
  • 特典5  ココネルポイントを累計10ポイント(10泊分)を貯めると、5000円分のキャシュバックまたは5000円相当のカタログギフトをプレゼント。  

2022年6月現在の情報ですので、今後変更になるかもしれませんが、「こんなに奮発して経営大丈夫かな?」と少し心配になったりもして💦

特典はトーセイホテルココネ公式サイトからの予約か電話での予約のみが対象なので、ご注意くださいね。

お部屋・設備等

和洋折衷なデザインで外国人観光客にも喜ばれそうな外観でした。
東京メトロ銀座線浅草駅1番出口から徒歩9分、浅草寺から徒歩4分、東京スカイツリーからは徒歩17分なので、東京観光にもそこそこ便利です。
私達がおでんを楽しんだ浅草おでん大多福からは徒歩で10分くらいでした。


ココネ浅草には4種類の部屋タイプがあります。

  • スタンダードルーム
  • レディースルーム(ナノケアドライヤー・ハンディスチーマー・フェイススチーマー等の備品あり)
  • ジャパニーズモダンルーム(レディース優先フロアーもあり)
  • ファミリールーム

私はウェブサイトで畳のお部屋にベッドがあるお部屋のほうがくつろげそうに感じたので、ジャパニーズモダンルームを選択しました。
私達が宿泊した日は、ジャパニーズモダンルームのレディース優先フロアーのお部屋は完売していたので、通常タイプのお部屋にしました。

まずは玄関。
靴べら・靴磨きシート・洋服用のブラシが用意されていました。

使い捨てタイプのスリッパです。
ジャパニーズモダンルームではバスルームやトイレに行く時のみの利用でした。

ベッドは2台でゆったりと休めました。

ちょっと近くから撮りすぎていて、分かりづらいですね💦
それほど広さはありませんが、空間の使い方がうまいのか、ゆったりと過ごせましたよ。
居心地もよかったですしね。

こちらは朝に撮影した畳部分。
ここの空間でお茶を飲んだり、お菓子を食べたり、まったりと過ごしました。
3人で宿泊をする場合にはこの場所に布団をひいてもらえるようです。

ベッドはシモンズ社製です。

ナイトウェアはネグリジェタイプです。

冷蔵庫やお茶セットなどが機能的に収納されていました。

緑茶のティーバッグとグラス・カップ類。

こちらのハーブティーはフロントフロアーからもらって来たものか、部屋にあったものかは忘れましたがおいしくいただきました。

ポットは埼玉県に本社のあるドリッテクという会社のものでした。

浴室はこんな感じです。
トイレと浴室が別れているのが嬉しいです。
浴槽は足が伸ばせるサイズで快適でした。

シャンプー・コンディショナー・ボディソープはペリカン石鹸のプロバンシアというシリーズです。
シャンプー・コンディショナーはラベンダー、ボディソープはアーモンドの香りです。
フランスのグラースで調香されたプロダクツだそうです。
グラースは南フランスにある調香で有名な街ですね。

ちなみに、帝国ホテルやハイアットグループ、阪急ホテルズでもペリカン石鹸のバスアメニティーを採用しているそうです。
そちらのホテルにもいつか泊まれたらいいなぁ〜。

ウォッシュタオル・ヘアブラシ・歯ブラシ・かみそり等のアメニティは、私達が宿泊した頃はお部屋に置いてあったのですが、現在はフロントから必要な物のみ持ってくるシステムに変更されたそうです。

ドライヤーはパナソニックのイオニティです。(レディース優先フロアのお部屋はナノケアドライヤーだそうです。)

トイレはなかなかゆったりとしていました。
おしゃれな商業ビルのトイレにありそうな立派なウォシュレットがついていましたよ。
タオルハンガーにかかっている布切れは私の私物ですので、お気になさらず。

お次は1階のフロントに設置されているコーヒーメーカーです。

宿泊中、自由にいただくことができます。
ここにハーブティーのティーバックもあります。

お好みの枕も選べます。
そばがら枕、サンドイッチ枕、低反発枕が用意されていました。

私達は19時過ぎにチェックインしたので、残念ながら1個しか残っていませんでした。
なので、お部屋にあった枕をそのまま使いました。

こちらは2階にあるサービスコーナーです。

コインランドリー・自販機・製氷機があります。

コインランドリーは、洗濯・乾燥500円、洗濯300円、乾燥100円/30分だそうです。(2022年6月情報)
長期滞在される方だったら、2階に宿泊すると洗濯するのが楽そうですね。

製氷機と電子レンジがあるとホテルライフが充実しますね。

天然水が100円、麦茶が110円、缶コーヒーのボスが110円なので、街中にある自販機とおそらく値段は変わらないかと思います。

おまけ  浅草周辺の名店とお散歩

名店その1:浅草おでん 大多福(おたふく)

5年以上前に伺い「また行きたい!」と思い続けて、ようやく再訪できました。
その間に、お店が新しくなっていたことに驚きました。
以前はサラリーマンの憩いの場の雰囲気だったのですが、今は以前よりムーディーな雰囲気になっていました。
大多福さんはなんと大正4年創業だそうです。
建物は新しくなっても味は変わらず受け継がれて行ってほしいですね。

お酒と一緒にちびちびといただいても卓上コンロがあるので冷める心配もありません。

牛すじ煮込みが私の大好きな味だったので、2回もたのんでしまいました。
次に行ってもまた間違いなくたのみます。
それと、くれぐれもお汁を洋服にこぼさないようにお気をつけください。
私はこぼしました💦

名店その2:向島 言問團子(ことといだんご)

言問團子って見た目がかわいいですよね。
もちろん味も見た目に負けていません。
全種類がお餅を餡でくるんでいるのではないところがひねりがあってまた良いです。

あまり考えたことがなかったのですが、お団子も店名も向島「言問團子」なんですね。
向島 言問團子さんはなんと江戸末期創業だそうです。
昔の人たちと同じお菓子(多少は変化しているかとは思いますが…)を楽しめるってなんだかロマンを感じますねぇ✨

以前、銀座の三越さんで言問團子を買ったのですが、ようやく本店に行くことができて嬉しかったです。

名店その3:向島 長命寺桜もち

長命寺桜もちさんは存在は知っていたのですが、初めていただきました。

長命寺桜もちさんも言問團子さんと同じく向島のお店です。
1717年創業という驚きの超老舗です。

ここまで葉っぱが主張してる桜餅に初めて出会いました。

関東発祥の桜餅 長明寺。
私は愛知県出身なので道明寺のほうが馴染みがあるのですが、長明寺も長年食べてみたいと思っていたんですよね。
なので、関東に越してきて、初めて長明寺をいただいた時は感慨深かったです。

その4:お散歩

言問團子さんや長命寺桜もちさんは近くに隅田川があるので、お買い物ついでにお散歩をしても楽しいかと思います。

早咲きの桜が美しかったです。

どどーーんとスカイツリーも眺められます。
スカイツリーも今年の5月で開業から10年経ったんですね。
早いものです。

今日も最後までお付き合いくださりありがとうございました。
それではまた…

こちらの記事も読まれています

浅草
遊んで食べて時々旅して

コメント

タイトルとURLをコピーしました