東京ステーションホテル ペントハウスアフタヌーンティーへ行ってきました

ブログ村に参加しています(^^)♪

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ

9月末のことになるのですが、東京ステーションホテルのペントハウスで開催されたお一人様アフタヌーンティーへ行ってきました。
ペントハウスは東京ステーションホテルの宿泊者専用スペースにあり、こういったイベントの時しか入れないところです。

東京駅丸の内駅舎の大屋根裏に位置する場所にあるそうです。
大きな天窓から自然光が入る明るいお部屋でした。
駅舎創建時の赤レンガを見ながら紅茶をいただけるのも嬉しいポイントです。

メニューはこちらです。
メニューカードの表紙は白地にシルバーの型押しで東京駅が描かれていて素敵でした。

ウェルカムティーからスタートです。

紅茶はドイツのロンネフェルトがメインでした。
ロイヤルミルクティー・ダージリン・アッサム・アールグレー・マンゴーマグナス・カモミール・ミント・モルゲンタウ・ジャスミンゴールド

ロンネフェルト以外はホテルオリジナルブレンドティー・スペシャルティコーヒー・アイスコーヒでした。
ポットでもカップでもどちらでもOKということで、主にカップサービスで色々な種類の紅茶を楽しみました。
モルゲンタウは緑茶にマンゴーとバラの花びらをブレンドしたお茶とのこと。
ドイツで人気のお茶だそうです。

↑こちらは一杯目にいただいたホテルオリジナルブレンドティーです。

ペントハウスの内装にピッタリのケーキスタンドでした。

こちらはケーキスタンドとは別皿のパテ・ド・カンパーニュとプチブリオッシュソーシソンタルトレット トリュフ風味です。
プチブリオッシュがほのかに温かくて美味しかったです。

↑こちらはウールロール〈ルイボスケープオレンジ〉カスタード オレンジ・マーマレード入りです。
スイーツは全てロンネフェルトのお茶が使われた特別なものでした。
たっぷりと程よい甘さで良い香りのクリームが入っていて、とってもおいしかったです。
(以下、〈〉内はロンネフェルトのお茶の名前です。)

↑〈アールグレー〉のシフォンケーキです。
とってもしっとりフカフカなシフォンケーキでした。

スモークサーモン ポテト ケッパー コーン入りサラダ添え・各種彩りプチトマトとプチモッツァレラのバジル風味・タルトレット トリュフ風味です。
スモークサーモンがもっちりとしてました。
毎日食べたいくらいおいしかったです。

↑ベリーと〈レッドフルーツ〉のジュレです。

卵のサンドウィッチとお肉系のサンドウィッチ(すみません、忘れました)・小海老のマリネ 豆乳ヨーグルトグリビッシュソースです。

↑〈マサラチャイ〉のプリン
上に乗ったクランブルの香ばしいさとチャイの香りのプリンが合わさって、とても美味しかったです。

〈ダージリンサマーゴールド〉とハチミツのムース
思っていた以上にハチミツの味がしてびっくりしました。
今回のスイーツの中では甘みが一番強く感じました。

今回のお一人様のペントハウス・アフタヌーンティー企画はOZマガジンアプリでたまたま見つけました。
以前からペントハウスのアフタヌーンティーに行ってみたいと思っていたので、ようやく行けて嬉しかったです。

紅茶やスイーツ・セイボリーが絶品というだけでなく、スタッフの方たちのホスピタリーも素晴らしく、とても優雅な時間を過ごすことができました。

東京ステーションホテルのお部屋も写真を拝見したらとてもエレガントで素敵だったので、いつか宿泊してみたいです。
その時はペントハウスで朝食をいただけるのかしら✨ 楽しみです。

帰りは東京ステーションホテルの2階にある「とらや」さんでおまんじゅうを買って帰りました。
栗粉餅とアールグレー(紅茶)のお饅頭です。
どちらも季節限定のお菓子です。
アールグレー饅頭はフランスのパリ店で生まれたお菓子とのこと。
日本では限られたお店でしか扱いがないようなので、出合えて幸せでした。

今日も最後までお付き合いくださりありがとうございました。
それではまた…

こちらの記事も読まれています

東京駅周辺
遊んで食べて時々旅して

コメント

タイトルとURLをコピーしました