ポロンナルワ巨大遺跡でシンハラ王朝の繁栄を体感 スリランカ旅行⑦

ブログ村に参加しています(^^)♪

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ

おはようございます!Micandaです。
最近すっかりおさぼり気味でございます…
私は1つのことに夢中になると、他のことができなくなるタイプのようです。
まんべんなく事を進められるようになりたいものです。
本当に一日が過ぎるのは、あっという間ですね。

さてさて、今日はポロンナルワ巨大遺跡について綴ります。
ポロンナルワは11~13世紀に栄えたシンハラ王朝・第2の首都です。
宮殿や仏像や沐浴所などの遺跡があるのですが、とても広いので、見どころ数か所をガイドのNさんと共に巡りました。

スポンサーリンク

クワドラングル

クワドラングルは7世紀に建てられた僧院です。

クワドラングルは靴と帽子は脱いで入ります。
素足で歩くことに慣れていないと地面が熱くて歩けないので、靴下は履いても大丈夫です。
なので、汚れてもよい靴下を持参しました。
使い捨てスリッパも一緒に持って行くと便利かと思います。

仏像が4体残っていますが、

形がほとんど残っていない仏像もありました。

お花の彫刻がかわいかったです。
たしか、極楽を表しているようなことをガイドのNさんがいっていたような…(私の場合、すぐ忘れるので、ガイドさんも説明のし甲斐がない…)

彫刻がしっかりと残っていて、ついつい見入ってしまいました。

サトゥマハル・プラサーダ

サトゥマハル・プラサーダです。
7階立てで造られたそうですが、現在は6階部分までが残っています。
貿易を行っていたアジアの国々に対して敬意を表した建造物だそうです。

ガルポタ

ガルポタという”石の本”です。
王様賛歌や周辺の国のことなどが刻まれているそうです。
私の写真は横から撮ってあるので分かりづらいですが、長さが9メートルもあります。
なんで、正面から撮影しなかったんだろ…?
ぜひ行って、大きさを見てみてください。

スリランカでいくつか見かけたアリ塚。
初めて見たので少し感動しました。
ガイド・Nさんによると「アリだけでなく、蛇も住んでることがあるので注意して下さい。」とのことでした。

ランカティラカ

こちらはランカティラカです。
ランカティラカは寺院です。
中にある立像は約13メートルもあり、圧倒されました。
(残念ながら頭はありません。)
想像を超える大きさの物に出会うと、圧倒されてしばらく言葉が出なくなりますね。

見上げると

美しい青空が広がっていました。
スリランカは日差しは強いけれど、日陰は涼しくて快適でした。

回りの壁も迫力がありました。

外壁の彫刻も細かくて感動しました。
特に寺院の彫刻が素晴らしかったです。

フラスコ画が少し残っていました。
造られた頃はどんな感じだったのかと想像するのも楽しいです。

キリ・ヴィハーラ

キリ・ヴィハーラです。
王様が女王様のために造られた建物だそうです。
ポロンナルワで見た唯一の白い建物でした。

動物

カワセミがいました。
分かりますか?
写真中央から少し上の辺りにいます。

猿ものんびりとお散歩したり、毛づくろいしていました。
日陰で寛ぐ犬もいました。
スリランカでは人に出会う感じで、気づくと近くに動物がいました。

ポロンナルワに向かう途中、象が道路を歩いてきました。

山でご飯を食べるためにやってきたそうです。

すぐ横を歩いていきました!
興奮して撮影していたのですが、夫・ナリの手が写ってる…(^^;
1度は行ってみたいと思っていたサファリパークもこんな感じなのかしら?
ガイドのNさんによると野生のゾウだそうですが、3時間後も同じ場所にいました。

本当に野生か…?
いやいやいや、野生なのです。(たぶん…)

そして、こちらはクジャクです。
雌より雄のクジャクのほうがきれいなので、雄に出会うとテンションあがりますね。

他にも色々な動物と出会いましたが、今日はこのくらいで。
次は車で移動して、ポロンナルワ遺跡群の巨大仏像・ガル・ヴィハラに会いに行きました。

今日も最後までお付き合いくださりありがとうございました。
それではまた…

スリランカ旅行の記事の一覧は以下をご覧ください。

スリランカ旅行
「スリランカ旅行」の記事一覧です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました