亀戸升本 すみだ川 東京駅周辺で一番好きなお弁当

ブログ村に参加しています(^^)♪

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ

おはようございます!Micandaです。

先日、父母が我が家に遊びに来ており、東京駅へ見送りに行って来ました。
この日は夫・ナリが会社の飲み会だった為、私の夕食用に東京駅でお弁当を買いました。
今日はその時に買ったお弁当のお話です。

亀戸升本 すみだ川

この日は東京駅の大丸東京店の地下1階にある『懐石弁当 亀戸升本』のすみだ川(¥1,383)を買いました。

升本さんのお弁当は20年ほど前から大好きで、東京に遊びに行った帰りに買って、新幹線でよく食べていました。
今でも色々なところのお弁当と迷いながら売り場をさまようのですが、升本さんのお弁当に落ち着くことが多いですね。
あと、食べた後の満足感が他より断然高いです。

升本さんにも色々な種類のお弁当があるのに、私は馬鹿の一つ覚えで、いつも『すみだ川』を買ってしまいます。
おかずが数多く入っていて、味付けも様々なので、最後まで飽きずに食べられるのも嬉しいところです。

お弁当のなかにはこんなおかずとご飯が入っています。

口取 : 玉子焼き・鰈香味焼・鴨ロース・帆立煮・鶏つくね・亀戸揚げ・中華クラゲ・木くらげ煮・牛八幡巻

野菜煮物 : 蓮根・人参・里芋・蒟蒻・椎茸・筍・いんげん

御飯 : あさり飯

こだわりの逸品 : 亀戸大根たまり漬・亀辛麹

ご飯はあさりご飯以外にも月替わりのご飯もあるので、その時の好みであさりか月替わりか選べるのも嬉しいです。
11月はマツタケでした。(私はアサリにしましたが…)
升本さんのウェブサイトによると、12月は蟹めしだそうですよ。

あさりご飯の上に乗っている角柱形の亀戸大根のたまり漬けは升本さんの自慢の逸品です。
江戸伝統野菜の亀戸大根をたまり醤油と紹興酒で味付けしたものだそうです。
きんぴらごぼう好きの私には好みの味です。

少し分かりづらいですが、玉子の横にある鰈(カレイ)が脂が乗っていておいしかったです。

亀辛麹(かめからこうじ)は、有機醤油と青唐辛子と米麹を長期熟成させて作られたもので、鶏つくねや玉子焼きなどにつけて食べる調味料です。
ピリッとしていて、味の変化を楽しめるのがいいんですよね。

亀辛麹の下には中華クラゲ煮があります。

保存料や着色料を使用していないそうです。
今までただおいしいから好きで食べていたのですが、それを知ってますます好きになりました。
甘い・辛い・酸っぱい味が楽しめ、色々なおかずが入っているお弁当というだけでも嬉しいのに、身体にも優しいのは本当にうれしいです。
きっと、出来上がるまでには色々なご苦労もあるんだろうなぁ。
これからも東京駅へ行ったら買い続けたいです。
東京駅周辺でお弁当に迷ったら、大丸東京店地下1階の『亀戸升本』のお弁当オススメです。

今日も最後までお付き合いくださりありがとうございました。
それではまた…

こちらの記事もどうぞ