ベリーズティールーム 英国で愛されるクランペットもいただけるティールーム

ブログ村に参加しています(^^)♪

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ

おはようございます!Micandaです。
昨年12月のことになるのですが、京王井の頭線・浜田山駅にあるベリーズティールームへ行って来ました。
イギリスのカントリーサイドにあるような雰囲気が素敵なティールームでした。
もちろん紅茶やお菓子もおいしくて大満足だったので、今日はベリーズティールームについて綴ります。

スポンサーリンク

店内

お店のドアを開けると目の前にドドーンと階段が!

イギリスのお友達のお家に来たような気分✨
なんだかワクワクしました。

そして、2階のドアを開けると…

ラブリーなティールームでした。(この写真は席から撮影した写真です。)
クリスマスツリーも見られて、クリスマスシーズン気分に浸れました。

ルフナ

1杯目はルフナをいただきました。
ルフナはスリランカ南部の紅茶です。

スリランカといえば、昨年のちょうど今頃、訪れていたんですよね。
ガイドのNさんとドライバーのCさん、元気にしてるかなぁ~
また会いたいです。

それはさておき(おくんかい!)、素敵なカップ&ソーサーを出して下さいました。

地模様といい、鳥の佇まいといい、なんとなく日本を感じる洋食器でした。

黒糖のようなコクのあるおいしいミルクティーでした。
小麦粉を使ったお菓子をいただく時はついついルフナを選んでしまいます。

クランペット

日本ではあまり馴染みがないのですが、イギリスでは家庭でよく食べられているそうです。
お店のメニューブックの説明ではパンとパンケーキの中間のようなお菓子とされていました。
イースト発酵させて、鉄板で焼き上げているそうです。

イギリスではバターと蜂蜜をつけて食べられているそうですが、ベリーズティールームではバターとゴールデンシロップ(イギリス製の糖蜜)でいただきました。

食感はモチモチ、味は甘じょっぱくておいしかったです♡
また食べに行きたいです。

後日、成城石井に行ったらクランペットが売っていたので、思わず買ってしまいました。
まだ自宅の冷凍庫に眠っていますが…(なんでも冷凍する女。)

アッサムティー

お次はインド北東地域の紅茶・アッサムティーをいただきました。
またもミルクティーでいただきました。

今度は可憐なカップ&ソーサーで出して下さいました。
写真で見てもおいしさが伝わるくらい、しっかりとした水色のミルクティーですね。

スコーン

どこのティールームに行っても毎回のようにたのむスコーン。
今回はクランペットだけにするつもりだったのに、結局アッサムティーのお供にたのんでしまいました💦

きつね色が食欲をそそる(^^)
お皿が美しいので更に気分が上がります。
スコーンはやっぱり外ざっくり、中ふわっとしているのが良いですね。

さすがに粉もの2種類はずっしりときましたが(笑)、大満足で家路につきました。

紅茶やお菓子の販売もされていたので、お土産も買えて良いですね。
自宅の近くにこんな充実したティールームがほしい(*‘ω‘ *)

ちなみに化粧室の壁紙もかわいかったですよ♡

自宅のトイレにエレガントな壁紙を貼りたくなりました。(めんどくさがり屋なので、恐らく想うだけで終わると思いますが…💦)

今回紹介したお店

BERRY’S TEA ROOM(ベリーズティールーム)
TEL:03-5930-9395
住所:東京都杉並区浜田山3-30-9 2F
最寄駅:京王井の頭線 浜田山駅

営業時間:11:00~18:00
定休日:火・水

今日も最後までお付き合いくださりありがとうございました。
それではまた…

こちらの記事も読まれています

吉祥寺周辺
遊んで食べて時々旅して

コメント

タイトルとURLをコピーしました