マルセイバターケーキ、これならレーズンが苦手な人にもオススメ!

北海道

 

おはようございます!Micandaです。

先日、近所のスーパーで北海道フェアーを開催しており、以前から気になっていたスイーツを購入しました。
今日はそのスイーツについて綴ります。

マルセイバターケーキ

マルセイバターサンドは北海道の六花亭製菓株式会社の名菓ですね。
おいしいレーズンバターをビスケット生地でサンドした、赤×ゴールドのレトロな包装がおなじみですね。

レーズン好きにとってはたまらないスイーツなのですが、レーズンが苦手な方は見かけてもスルーされているかと思います。
そんな方にもオススメしたいのがマルセイシリーズの一つ、マルセイバターケーキです。

バターケーキはバターサンドのパッケージと色違いで、よりバター感を感じる黄×シルバーのパッケージになっています。
(優しい雰囲気で私はこの色のほうが好きです。)

バターケーキにはレーズンは入っておらず、スポンジケーキにチョコレートガナッシュがサンドされたものです。

見た目は素朴な感じで、派手さはありません。

実食

買ったその日にさっそくいただきました。

ケーキ部分はバターと卵とバニラの風味がしっかりと感じられて、とてもおいしい(^^)
ふんわり、しっとりとしているのもいいです。

ガナッシュのまろやかな味が、ケーキの優しい味にピッタリです。
さすが六花亭さん。

今後、バターサンドかバターケーキかどちらを買うか迷ってしまいそうです。
(とか言って、迷わず両方カゴに入れてそう…💦)

ほかにも…

マルセイシリーズには他にも、マルセイキャラメル、マルセイビスケットがあります。

マルセイキャラメルは以前にお土産でいただいた時にとてもおいしくて気に入ったので、昨年の北海道旅行の際にも購入しました。
バター好きな方、キャラメル好きの方には特にオススメです♡
キャラメルの中にはビスケットと大豆が入っています。

そして、マルセイビスケットですが、私は今回初めて知りました。
バターサンドのビスケットのみを商品化したもので、六花亭さんのウェブサイトによると、お客さんからの声に応えて商品化されたそうです。
そのまま食べてももちろんおいしそうですが、アイスクリームに添えたり、アイスクリームを挟んだりして食べてもおいしそうです。

今さらながら、マルセイって?

ところでマルセイって何かご存知ですか?
私は今日まで知らずにいました。
しかも、疑問すら持たずに過ごしてました。

マルセイバターケーキの箱の裏にマルセイの説明が載っていたので引用します。

「マルセイって?」

帯広の地に鍬をおろした依田勉三翁は明治十五年、晩成社を組織。
その屋号を成とし、明治三十年代に入り、缶入りバター「マルセイバタ」を製造。成は帯広開拓の象徴です。

※引用中の屋号「成」は成を〇で囲ってあります。

マルセイビスケットは、晩成社の社判のデザインが型押しされているそうですよ。
マルセイシリーズは北海道の開拓時代を感じることができるスイーツだったのですね。

それを知った後に箱の側面に書いてある「お菓子は大地の恵みです」という文言を見ると、感慨深いものがあります。

北海道にある直営店、北海道の空港、催事でしか買うことができない六花亭さんの商品ですが、楽天にもありました。

今日も最後までお付き合いくださりありがとうございました。
それではまた…

Posted by Micanda