期間限定!鎧塚シェフ監修のロッテ“生”チョコパイをいただきました 

ブログ村に参加しています(^^)♪

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ

おはようございます!Micandaです。

先日、帰省土産を買いに新宿へ出かけました。
数日前に新宿の小田急百貨と京王百貨店のデパ地下がリニューアルしたと知り、今回は小田急か京王で帰省土産を買おうと思い出かけてきました。
今日はその時に出会ったスイーツのお話です。

“生”チョコパイ専門店

チョコパイと聞いて「あのチョコパイ?」と思われた方、正解です!
おなじみのロッテのチョコパイです。

でも、いつものロッテのチョコパイではなくて、
あのToshi Yoroizukaのオーナーシェフ鎧塚 俊彦さんが監修されたチョコパイなのです。

鎧塚俊彦さんの紹介が“生”チョコパイのパンフレットに載っていたので引用させてもらいます。

1965年生まれ。関西のホテルで修行後渡欧。2004年 東京・恵比寿「Toshi Yoroizuka」をはじめとして六本木・東京ミッドタウン、杉並、小田原に店舗を展開。2016には東京・京橋に「Toshi Yoroizuka TOKYO」をオープン。素材づくりを重視し、2010年にエクアドルに「Toshi Yoroizuka Cacao Farm Ecuador」開設。農業に関する積極的な姿勢をもってより良き菓子づくりに奔走中。

“生”チョコパイは新宿の京王百貨店に2018年4月19日にオープンしました。
1年間限定のショップだそうですよ。

「お皿にのせて、ナイフとフォークで。」というコンセプトで、4種類のスペシャルなチョコパイが誕生しました。
私のヘタな説明よりも、“生”チョコパイのパンフレットの紹介のほうがおいしさが伝わるので、また引用させてもらいます。

お皿にのせて、ナイフとフォークで。

「FRAISIER」「UJI MATCHA」「ETHIOPIA MOCHA」「BABA」
4つのこだわり、4つの味わい。
個性が輝く“生”チョコパイ。

箱からていねいに取り出したら、お皿にのせて
ナイフとフォークでお楽しみください。

ナイフを入れた瞬間、ソースやジャムがあふれ出し、
濃厚な味わいのケーキ生地と
素材感のあるクリームが顔をのぞかせます。
ぎゅっと詰め込まれたおいしさ、充分な食べごたえ。
チョコレートが口の中でやさしくほどけ、ひとくち、もうひとくち。
おいしい時間がはじまります。

文章を読んだだけでおいしさが伝わりますね。
こういう文章が書けるようになりたいものです。

“生”チョコパイを買った時に入れて下さっていたパンフレットのデザインもオシャレで素敵でしたよ。

“生”チョコパイをより華やかに盛り付ける提案もされていて、見ていてとても楽しかったです♡
無精な私は、素敵な盛り付けのチョコパイを食べるところを妄想しただけで、実際には普通に食べましたが…(-_-;)
(ちなみに、私はエチオピアモカの“生”チョコパイの盛り付けが一番好みです。)

パンフレットの盛り付け例は見てのお楽しみということで…

パッケージ

“生”チョコパイの入っていたパッケージも立派でステキでした。

横から見るとより、凝った箱の形がわかりますよ。

シックでおしゃれですね。

せっかくなので、全種類並べてみました。(笑)

箱を開けると…

半透明の袋から少しだけチョコパイの姿が…✨

“生”チョコパイも外観は普通のチョコパイとほぼ同じです。
なので、より中身が気になります♪

FRAISIER(フレーズ)

フレーズは苺とピスタチオの“生”チョコパイです。

いちごの果汁をしみこませた生地、いちごジャム、ピスタチオクリーム、そして、まるごといちごが!
この写真ではいちごが分かりづらいですが…(-_-;)
それと、生地が普通のチョコパイよりもしっとりとしていて、よりおいしかったです。
ボリュームがあって、1個食べただけで十分満足感が得られました。
ピスタチオクリームは色だけでなく、ピスタチオの味がちゃんとしていて、いちごの甘酸っぱい味と一緒に味わうとよりおいしかったです。

色合いも味も1番華やかなチョコパイでした。

ETHIOPIA MOCHA(エチオピア モカ)

次は大人の味わいのコーヒーとマカダミアのチョコパイです。

ローストされた香ばしいマカダミアナッツが入っていました。
マカダミアナッツの回りにはとろ~んとしたキャラメルソースがあり、ほろ苦なコーヒークリームがたっぷりと入っていました。
エチオピア モカも生地にコーヒーか程よくしみこませてありました。

UJI MATCHA(宇治抹茶)

次は和のチョコパイですよ。
抹茶とクルミの組み合わせです。

少しだけ苦みを感じられる香り高い抹茶クリームとクルミの香ばしい香りが良いです。
クルミの回りのクリームはバニラビーンズシード入りのカスタードクリームです。

BABA(ババ)

最後はラム酒とラムレーズンの“生”チョコパイです。

コーヒーとマカダミアの“生”チョコパイよりさらに大人の味わいです。
ラムレーズンは噛むと「じゅわ」っとラム酒が溢れ、ラム酒の風味がとてもいいです。
クリームはココアクリームです。
ラムレーズンの回りにあるマイヤーズラムのソースはジュレのような感じで少しだけひんやりとして、食べていて楽しかったです。

ババだけはアルコール度数が1.5%あるので、体質的にアルコールを受け付けない方はご注意下さい。

賞味期限

賞味期限は2日なので、購入日の翌日までです。
帰省土産にする場合は数日前に購入することができないのが悩みどころです。
その分、お土産でもらったらスペシャル感がありますね。
もしお土産でもらったら「私ってあの人に大切に想われているんだわ~♡」と思ってください。(笑)

購入した時に冷凍した状態で渡してもらうので、自宅に帰ったら冷蔵庫に入れてください。
それと、購入時点で冷凍した状態なので、自宅に帰ってから再度冷凍保存はできませんので、翌日までに食べる必要があります。

それと、6個以上買うと保冷バッグに入れてくれるそうです。
私は4個買ったのですが、2つ保冷剤をつけて下さいました。

そうそう、お店のディスプレーがとてもかわいかったですよ。

後ろで他のお客さんが待っているので、店員さんが会計をしている間に急いで撮影しました💦

へたっぴ撮影で、素敵さがお伝えしきれていません。(-_-;)
実物はもっと素敵です。
機会があったら見にいってみて下さい。

並んでいる時は「どれか選んで買おうかな」と思っていたのですが、4個食べたあとは4種類買ってよかったなぁ~と思います。
どれもおいしくて、「次回1つだけ買うとしたら…」と考えても選びきれないんですよね…
悩ましい…

これから暑くなるので、次行く時はMY保冷バッグを持っていこうと思います。
さすがに2日間で6個食べるのは大変なので…(^^;

チョコパイは1個540円(税込)です。

今回紹介したお店

“生”チョコパイ専門店

TEL:03-3342-2111

住 所:東京都 新宿区 西新宿1-1-4

最寄駅:JR、東京メトロ丸ノ内線、都営新宿線・大江戸線、小田急線、京王線「新宿駅」

営業時間:10:00~20:30(日・祝20:00まで。5/3~5は除く)

今日も最後までお付き合いくださりありがとうございました。
それではまた…

こちらの記事もどうぞ